/

この記事は会員限定です

「増資は売り」の定説に変化、成長資金なら高評価も

証券部 須賀恭平

[有料会員限定]

株式市場で公募増資を発表した企業への株価反応が変わってきた。2008年のリーマン・ショック以降、1株利益の希薄化懸念などから「公募増資は売り」が定説だが、株価が下落するどころか上昇の勢いを止めない銘柄もある。「守り」の資金ではなく、成長のための資金を市場で調達する企業が増えているためだ。

「『公募増資は売り』はセオリーだが、最近はその通りではないかもしれない」。岩井コスモ証券の川崎朝映シニアアナリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り996文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン