/

福島・いわき市、ソフトバンクと連携協定

福島県いわき市は通信サービスのソフトバンクとの間で超スマート社会「ソサエティー5.0」を目指す連携協定を結んだ。行政や教育のデジタル化や次世代の交通手段の導入などについてICT(情報通信技術)に強みを持つソフトバンクが協力する。ソフトバンクが同市の小型電動バスの実証実験に協力したことなどが今回の協定の縁になった。同市はソサエティー5.0を人口減少への歯止めや産業の活性化を目指す総合戦略の一つに位置づけている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン