クボタ、エヌビディアと提携 農機の自動運転で

関西
自動車・機械
2020/10/6 17:35
保存
共有
印刷
その他

農機の自動運転を進める(=クボタのコンセプトトラクター)

農機の自動運転を進める(=クボタのコンセプトトラクター)

クボタは6日、米半導体大手エヌビディアと農機の自動運転で提携すると発表した。エヌビディアのGPU(画像処理半導体)と人工知能(AI)を搭載し、カメラなどで取得したデータを瞬時に分析できるようにする。農業では人手不足が問題となっているほか、人件費を抑えた効率的な経営への転換も課題だ。提携で自動運転技術の向上につなげる。

クボタは人の監視下における自動運転トラクター「アグリロボトラクタ」を2017年から展開している。レーダーを使って周囲の状況を把握しながら自動走行する技術で、AIは導入していない。

将来的な実現を目指している、人が介在しない完全自動運転では、安全性や性能向上のためにカメラを使ってより詳しい農場の映像データを取得・分析する技術が求められる。また、天候データや作物の生育状況についても精緻に解析する必要があることから、エヌビディアのGPUやAIを活用する。

国内農業は高齢化の進展で働き手が減り、スマート農業の実現が喫緊の課題となっている。海外でも米ディアなどが自動運転技術の導入に取り組んでいる。エヌビディアとは自動車大手が相次ぎ提携しているが農機の分野ではまだ珍しく、高性能なデバイス技術を持つ半導体大手と戦略的に組む流れが生まれそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]