オリパラ考

フォローする

増えるパラのスポンサー IOCとの協定が後押し

2020/10/11 2:00
保存
共有
印刷
その他

8月末、五輪のトップスポンサーである米コカ・コーラが、パラリンピックの最上位スポンサーであるワールドワイドパートナー(WP)となることが発表された。2021年からはドイツ保険大手アリアンツ、米日用品プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)もWPになる。パラを支援するグローバル企業が増える背景には、国際パラリンピック委員会(IPC)と国際オリンピック委員会(IOC)が18年に結んだ新しい連携協定がある。

最初の協定は01年に締結された。開催都市は五輪閉幕後に必ずパラリンピックを開くことを明文化。パラのスポンサーには、五輪のスポンサーでなければなれないとされた。五輪スポンサーの同業他社が、数週間後に同じ場所で開かれるパラに広告看板を出すのは、いかにも体裁が悪いためだ。

ただ、アテネ・パラが開かれた04年時のスポンサーはわずかに2社だった。多くの五輪スポンサーはパラに関心を持たなかった。だが12年ロンドン・パラの大成功と、13年に20年大会の開催地が東京に決まったことで潮目が変わる。パナソニック、ブリヂストン、トヨタ自動車と、五輪スポンサーの日本企業が相次いでWPとなることを決定。19年末にWPは8社に増えた。

18年の新協定では21年以降、五輪とパラのスポンサー権を抱き合わせでIOCが売ることになった。新しいWP3社の契約は、この協定に基づく。IOCはスポンサー料の一部をIPCに毎年渡し、その額は年々増やす。IPCはスポンサー探しをする手間がはぶけ、財務が安定する。パラ支援をするには五輪の権利も買わないといけないわけで、IOCにはパラの人気を利用する思惑もありそうだ。

(摂待卓)

オリパラ考をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
新型コロナウイルス対策を検討する調整会議を終えた東京五輪・パラリンピック組織委の武藤敏郎事務総長(12日)

 東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を検討する政府などの調整会議で12日、海外からの観客を前提に準備する方針が明らかになった。感染状況が安定した国・地域からの五輪観戦者の入国について、通 …続き (11/18)


 東京五輪の販売済みチケットの払い戻しの受け付けが10日から始まった。対象は公式サイトを通じて国内向けに抽選販売したうちマラソンなどの会場変更ですでに払い戻された分を除く約445万枚。1年延期によって …続き (11/15)

「5G」で今季のTリーグ中継は劇的に変わるかもしれない(9月のオールスター戦)=共同

 17日に3シーズン目が開幕する卓球のノジマTリーグ。試合とは別に注目していることがある。NTTドコモ、NTTぷららと共同で、高速通信規格「5G」のネットワークを活用して開幕戦の試合映像を直接スタジオ …続き (11/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]