/

ミシュランガイド 大阪・京都は三つ星10店

持続可能性も評価

京都・大阪で新たに掲載するのは一つ星と「ビブグルマン」の65店舗(C)MICHELIN

日本ミシュランタイヤ(東京・新宿)は優れた飲食店や宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」を9日に発売する。京都府と大阪府で計487の飲食店や宿泊施設を評価・掲載した。

飲食店・レストランは423店。三つ星は京都が昨年より1店少ない7店、大阪が変わらず3店。二つ星は31店。新たに掲載するのは、一つ星と価格以上の満足感が得られる料理を出す「ビブグルマン」のみで、京都が35店、大阪が30店となる。

初版から12年目を迎え、フードロスの削減や自家栽培などを通じてサステナビリティー(持続可能性)への積極的な取り組みを評価する「グリーンスター」をアジアで初めて導入。京都5店、大阪2店を掲載した。

21年版は毎年発行の京都・大阪版に、関西からアクセスしやすい岡山県の情報を追加した。価格は税別3180円。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン