/

公明政調会長「受験生支援金の創設を」 一律2万円要望

公明党の竹内譲政調会長は6日、首相官邸で加藤勝信官房長官と会談し、受験生らへの給付金の創設を要望した。大学受験や就職に臨む高校3年生や浪人生ら約126万人に一律2万円を支給する。新型コロナウイルスの感染拡大の影響による家計の悪化などを念頭に置く。

竹内氏は「今年度の予備費を活用して迅速な支援をお願いしたい」と求めた。加藤氏は「実施の方向に向けて様々な条件整備を整えたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン