/

この記事は会員限定です

軽SUV、スズキに挑むダイハツ 執念のガラスルーフ

[有料会員限定]
日経クロステック

ダイハツ工業は多目的スポーツ車(SUV)タイプの新型軽自動車「タフト」に、ガラス製ルーフを標準搭載した。明るくて開放感のある車内や、広い前方視界を実現するのが狙いである。

ただ、ガラス製ルーフは通常の鋼板製ルーフよりコストが増える。200万円を切る低価格の車両に、ガラス製ルーフを標準搭載するのは珍しい。また、ルーフにガラスを採用するためには、鋼板製のルーフと同等の衝突安全性などを確保する必要もある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン