横浜駅のバスターミナル、成田路線の発着7割減

2020/10/6 17:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で、横浜発着の高速バスの運行が落ち込んでいる。横浜駅前の横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)によると、4~8月に同ターミナルを発着した成田空港線のバスは前年同期比7割減となった。移動自粛や外国人客の急減で需要が低迷し、事業環境は厳しさを増している。

YCATは成田空港や羽田空港を結ぶリムジンバス、関西地方などへの高速バスが発着する。4月以降、ほとんどの路線で運休や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]