/

この記事は会員限定です

横浜駅のバスターミナル、成田路線の発着7割減

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、横浜発着の高速バスの運行が落ち込んでいる。横浜駅前の横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)によると、4~8月に同ターミナルを発着した成田空港線のバスは前年同期比7割減となった。移動自粛や外国人客の急減で需要が低迷し、事業環境は厳しさを増している。

YCATは成田空港や羽田空港を結ぶリムジンバス、関西地方などへの高速バスが発着する。4月以降、ほとんどの路線で運休や大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン