/

この記事は会員限定です

中国の「脱炭素」は本物か その影響は、専門家に聞く

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は9月22日、国連の一般討論演説で「2060年に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにする」と脱炭素目標を表明した。パリ協定に基づく世界の温暖化対策強化の動きを加速するとして歓迎する見方もある一方で、世界最大のCO2排出国であり今後も経済成長を見込む中国で実現可能性があるのかと、いぶかる意見もある。エネルギーや気候変動問題の専門家に聞いた。

日本エネルギー経済研究所の小山堅・専務理事(首席研究員)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2001文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン