/

この記事は会員限定です

コロナ下の受験の心構えは 萎縮せず、成長の機会に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの収束が見えないなか、大学入試が本格化する。受験生や保護者も例年とは異なる心構えが必要になる。駿台教育研究所の石原賢一進学情報事業部長と、教育評論家の親野智可等(おやの・ちから)氏に注意すべき点などを聞いた。

石原氏「本来の志望校受けて」

部活や文化祭などの学校行事が軒並みなくなったり、夏休みが短くなったりしたのはかわいそうだが、その代わり、受験勉強に取り組んだ学力上位層の生徒の成績は上がっている。伸び悩んで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン