/

この記事は会員限定です

イタリア改憲の真の狙い 政治の安定、日本も議論を

上級論説委員 大石 格

[有料会員限定]

イタリアで9月に国民投票があり、国会の定数を37%減らすための憲法改正案が可決された。これほど大幅な議員削減は世界でもあまり例をみない。

原動力になったのは、欧州におけるポピュリズム(大衆迎合主義)政党の代表格とされる五つ星運動である。2018年に政権を獲得すると、年金支給開始年齢を引き下げ、求職活動の継続などを条件にしたベーシックインカムの支給を始めた。

財政能力を超えたばらまきと批判されるなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン