/

この記事は会員限定です

米大統領選は双方に警戒 習氏、新たな「長征」に備え

米大統領選 揺れる世界(1)

(更新) [有料会員限定]

9月21日、北京市内のもつ煮込み屋「姚記炒肝店」。ごった返す店内の注文カウンターに、前米副大統領ジョー・バイデンの写真パネルが飾られていた。2011年8月、国家副主席だった習近平(シー・ジンピン)との会談後、昼食に訪れた店だ。

米大統領選候補のバイデンを支持するか。店主の姚燕は「敏感な話なので答えられない」と言葉を濁しつつ「米中摩擦の現状を見たくない。中国はずっと平和のために努力してきたのに」と現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン