/

東京国際映画祭ラインアップ決定 新進気鋭の作品並ぶ

左から特集上映が組まれている深田晃司監督、フェスティバル・アンバサダーの役所広司、是枝裕和監督 (C)2020 TIFF

10月31日~11月9日に開かれる第33回東京国際映画祭のラインアップが決まった。コロナ禍で賞を競うコンペティションを見送った代わりに新設した「TOKYOプレミア2020」には、「新しい才能の発掘と応援」を目的に32作品が選ばれた。世界中の国際映画祭が中止や延期、オンライン開催を余儀なくされる中、同映画祭は映画館での上映にこだわり実施する。

従来の「インターナショナルコンペティション」「アジアの未来」「日本映画スプラッシュ」の3つのコンペを統合した「TOKYOプレミア2020」は、107の国と地域から寄せられた1356本の中から選んだ。長編デビュー作が12本と新進気鋭の映画作家の作品が並んでおり、ダイヤの原石を見つけるいい機会になりそうだ。また女性監督も8人選ばれており、ジェンダー平等を追求している世界各国の映画祭を意識した選出にもなった。

これまで同映画祭の在り方を度々批判してきた是枝裕和監督発案による企画も開かれる。アジアを代表する映画監督と、日本の第一線で活躍する映画人とのトークシリーズ「アジア交流ラウンジ」だ。ラインアップ発表会で「豊かな映画祭を持つことは、その国の映画文化にとって大事なこと。前向きに関与していきたい」と語った是枝監督は台湾の映画監督ホアン・シーと語り合う。計8組のトークを予定。ライブ配信して、質問を世界から受け付ける。

「日本映画クラシックス」では山中貞雄の代表作「人情紙風船」など3作品の4Kデジタル修復版が上映される。特別招待作品ではトロント国際映画祭で観客賞を受賞して話題を呼んでいる「ノマドランド」が上映される。

会場は六本木ヒルズほか。チケットは10月24日から販売開始。

(近藤佳宜)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン