/

PASMOがApple Payに対応 iPhoneで支払いや定期券購入

iPhoneでモバイルパスモが使えるようになった

関東の私鉄などが参加するPASMO(パスモ)協議会は6日、交通系ICカード「パスモ」が米アップルの電子決済サービス「アップルペイ」に対応したと発表した。アップル製のスマートフォン「iPhone」で、パスモによる支払いや定期券の購入などができるようになった。スマホでパスモが使える「モバイルパスモ」に対応する端末を増やし、1000万人の会員数を目指す。

スマホのほか腕時計型端末「アップルウオッチ」でも使える。同サービスは米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホには、3月に先行対応していた。

パスモの情報を登録したスマホで、電車やバスの運賃を支払える。スマホ上で小田急電鉄など関東の鉄道・バス事業者の定期券も発行できる。電子マネーとしてコンビニやスーパーでの支払いにも使える。

アップルペイは既にJR東日本の交通系ICカード「Suica(スイカ)」に対応している。6日からiPhoneでパスモとスイカの両方が使えるようになった。PASMO協議会の五十嵐秀会長は「新型コロナ下で生活様式が変わる中、安全でスマートなモバイルパスモで公共交通を利用してもらいたい」と話す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン