/

キルギスでデモ、政府庁舎占拠 1人死亡、590人負傷

(更新)

中央アジアのキルギスの首都ビシケクで5日から6日未明にかけ、与党が圧勝したとされた議会選の結果に抗議するデモが起きた。数千人規模とみられるデモ隊は政府庁舎に突入して占拠、放火したほか、実刑判決を受けて収監されていたアタムバエフ前大統領を解放した。保健省は、1人が死亡、約590人が負傷したと発表した。タス通信などが伝えた。

5日、キルギスの首都ビシケクで、議会選の結果に抗議するデモ隊=AP

中央選管は、4日の議会選で与党系の3政党が9割近い議席を獲得したと発表。デモ隊は選挙に不正があったとして再選挙を求め、大統領府や議会の庁舎に突入した。治安部隊は催涙弾などを使って衝突した。

ビシケクから警官の姿が消えたとの情報もある。ジェエンベコフ大統領は6日、選挙に参加した各党の代表に会合を呼び掛けたが、混乱が収まるかどうかは不透明だ。

前大統領は6月、2013年に矯正施設から犯罪組織トップの男を違法に釈放したとして実刑判決を言い渡されていた。背景にジェエンベコフ氏との確執があるとみられている。

タスによると、デモ隊は汚職の罪などで収監されていたイサコフ元首相も解放した。(共同)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン