/

エーザイ、コロナ治療向けへ共同研究 抗体医薬品など

開発中や開発中止になった薬剤候補で新型コロナウイルス感染症に対する効果を探る(エーザイの筑波研究所)

エーザイは6日、子会社で開発を進めているクローン病治療薬候補などについて、新型コロナウイルス感染症に適用するための共同研究を始めたと発表した。新型コロナ感染症に伴う免疫機能の暴走や血管障害を防ぐ効果があるか、動物試験などを通じて確認する。共同研究は2021年3月まで実施し、効果があれば臨床試験(治験)も視野に入れる。

共同研究にはエーザイのほか、子会社のカン研究所(神戸市)、国立国際医療研究センター、横浜市立大学、長崎大学が参加する。

新型コロナに感染した動物モデルをつくり、エーザイ子会社がクローン病向けの抗体医薬品として開発中の「E6011」と、エーザイが重症敗血症治療薬として開発していた「エリトラン」の薬効を評価する。新型コロナ感染症に伴う重症化の仕組みの解明も進めていく。

E6011はクローン病向けの治験が進められている。エリトランは重症敗血症向けの治験で効果が確認できず、14年に開発中止になった。ただ、新型コロナ感染症の重症化を防ぐ効果が期待されるとして、国際的な枠組み「REMAP-COVID」による治験が予定されており、近く患者への投与が始まる見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン