/

携帯値下げ、8日に消費者と意見交換 武田総務相

総務省は6日、携帯電話料金の引き下げに向けて、武田良太総務相と消費者団体の意見交換会を8日に開くと発表した。ひとり親家庭や主婦、フリーランスなどの個人事業主を支援する団体が参加する。携帯事業者は参加しない。武田総務相は6日の閣議後の記者会見で「適切な判断をするために各層から意見を聞く」と述べた。

武田総務相は、事業者とは「私の就任についてのあいさつに来られた時に、料金について国民の声として意見具申した」と述べ、既に面会したと説明した。その場では具体的な要請をしたわけではなく「新型コロナウイルス禍で(苦しい)家計の負担を軽減するために何ができるかを考えていただきたいとは申し上げた」という。

消費者との意見交換については「やはりユーザーの立場に立った視点が重要になっていく。各界各層の意見を受け止め、適格公正な市場競争が生まれる環境を実現できるよう励む」と述べた。

意見交換会は8日夕に開く。消費者団体の主婦連合会(東京・千代田)やNPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」(同)など計5団体の関係者が参加する。会議は非公開で終了後に概要を公開するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン