/

この記事は会員限定です

Apple対フォートナイト訴訟、手数料30%は安全の対価か

[有料会員限定]

米アップルによるスマートフォンのアプリ配信の課金システムは反トラスト法(独占禁止法)違反なのか――。人気ゲーム「フォートナイト」を開発する米エピックゲームズが8月に起こした訴訟は妥協案がまとまらず長引き、本格的な論戦は2021年以降に始まる見通しだ。「アップル税」とも言われる30%の手数料は安全の対価であるというアップルの主張は認められるのだろうか。

「エピックはこの訴訟を起こして不公平で反競争的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2447文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン