/

この記事は会員限定です

値段の動きをつかもう 物価指数から景気が見える

学び×価格のフシギ(2)マーケット・リスク・アドバイザリー 新村直弘さん 大崎将行さん

(更新) [有料会員限定]

私たちがよく耳にする「物価」や「物価指数」とは何を指すのでしょうか。簡単に言うと、物価とは私たちが買うモノや受けるサービスの値段を総合した値です。そしてそれを指数化してみることで、経済全体での値段の変動を知り、景気の流れを読む参考にできます。

4つの物価指数、取引内容で区別

物価指数には(1)企業物価指数(2)企業向けサービス価格指数(3)生産者物価指数(4)消費者物価指数などがあります。

(1)の企業物価指数は企業間のモノの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

学び×価格のフシギ

モノやサービスの値段は、需要と供給のバランスのほか、国際情勢や気候など幅広い要素で変動し、私たちの生活にも企業業績にも大きな影響を与える。そのメカニズムがわかればビジネスにも生きる。価格のフシギを制するツボとは?

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン