/

この記事は会員限定です

米銀、自社株買い制限で苦境に ROEの改善描けず

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米大手銀行が米連邦準備理事会(FRB)に定められた自社株買いの制限で苦境を強めている。一部の経営陣は自社株買いの早期再開に意欲を示して「正常化」を見据えた人員リストラにも乗り出していたが、監督当局は6月に課した禁止措置を2020年末まで延長すると発表した。自己資本利益率(ROE)改善の道筋が描けず、投資家の銀行離れが長引く可能性がある。

FRBは6月、新型コロナウイルスに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1406文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン