/

キルギスで大規模デモ 議会選結果に反発

【モスクワ=石川陽平】旧ソ連・中央アジアのキルギスで5日、前日の議会選の結果に反発した野党支持者らが大規模な抗議集会を開いた。ロシア通信は保健省の情報として、治安部隊との衝突で120人以上が負傷したと伝えた。旧ソ連諸国ではベラルーシでも8月の大統領選後に抗議運動が広がっている。

5日夜、ビシケクの政府ビルに侵入しようとした抗議デモ参加者=ロイター

首都ビシケクの中心部で開かれた野党支持者の集会には数千人が参加したもようだ。インタファクス通信は、目撃者の話として5000人以上が集まったと伝えた。一部の参加者は政府ビルへの侵入を試みた。治安部隊が投入され、ゴム弾や催涙ガスなどを使ってデモを解散させた。

キルギスでは、4日投票の議会選で議席獲得を確実にした5政党のうち野党系は1党にとどまったと伝えられた。議会はジェエンベコフ大統領に近い複数の政党が大半の議席を占める見通しだ。

これに対し、野党勢力は不正があったとして選挙結果の無効を訴え、抗議集会を呼びかけた。

キルギスは1991年に独立後、相次ぐ政変で大統領2人が亡命した。旧ソ連諸国ではルカシェンコ大統領が6選を決めた2020年8月のベラルーシ大統領選で不正疑惑が浮上し、大規模な抗議運動が続く。ロシアでも11年の下院選後に反政権デモが広がった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン