/

トランプ氏退院、ホワイトハウスに戻る コロナ治療継続

(更新)

【ワシントン=中村亮】新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領は5日夕、退院した。ツイッターで「コロナを恐れるな」と強調したが、ホワイトハウスでは感染拡大が止まらない。主治医は「完全に困難を乗り越えてはいないかもしれない」と説明し、今後もトランプ氏の容体を注視する考えを示した。

トランプ氏はマスクにスーツ姿で入院先のウォルター・リード軍医療センターから出た。記者団に「サンキュー」と語り、大統領専用のヘリコプターでホワイトハウスに戻った。トランプ氏は2日から入院していた。

トランプ氏はホワイトハウスに入る直前、マスクを外し、ポケットにしまった。米国旗を背にヘリコプターの操縦士や記者団の方向に敬礼した。そのまま玄関口に数分間とどまった。一部の米メディアには記念撮影の機会をつくったのではないかと見る向きもある。

主治医のショーン・コンリー氏は、トランプ氏の熱が下がった状態が続き、血中酸素濃度の数値も安定しているとして「退院に向けた全ての基準を満たした」と説明した。退院後もホワイトハウスで抗ウイルス薬「レムデシビル」の投与を6日まで続ける。24時間体制で容体を監視する。

トランプ氏は退院に先立ち、ツイッターに「コロナを恐れるな」「コロナに生活を支配させてはならない」と書き込んだ。自身はコロナに打ち勝ったとアピールする思惑がありそうだ。

ホワイトハウスに到着後、マスクを外すトランプ米大統領(5日)=ロイター

トランプ氏は重症者向けのステロイド薬「デキサメタゾン」の使用を継続。コンリー氏はトランプ氏の肺の状態や入院後のコロナ検査の結果には言及を避けており、健康状態に不明な点が残る。

政権内では感染拡大が続く。マクナニー大統領報道官は5日、ツイッターでコロナ検査で陽性だったと明らかにした。症状はなく自主隔離中も職務を続ける。CNNテレビによると、マクナニー氏のもとで働く2人の報道担当者も感染が確認された。ホワイトハウスでは感染者が少なくとも7人となった。与党・共和党でも3人の上院議員が感染した。

トランプ氏は投開票まで1カ月を切った11月の大統領選に向けて追い込みをかけたい考えだ。5日にはツイッターで「すぐに選挙遊説へ戻る!!!」と強調した。株価上昇や治安強化、軍事力強化などのトランプ政権の成果や公約を次々と書き込み、大統領選で自身への投票を促した。

民主党の大統領候補に指名されているバイデン前副大統領は5日、南部フロリダ州での演説で「大統領の回復が迅速でうまくいくことを願うが、国はコロナ危機の収束には遠い」と指摘した。「大統領は科学者が言うことに耳を傾けるべきだ」と強調し、コロナの脅威を軽く見がちなトランプ氏との違いを改めて打ち出した。

アメリカ大統領選挙
新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン