/

この記事は会員限定です

カポックジャパン、「木の実」ジャケット、米国で販売

[有料会員限定]

アパレルメーカーのカポックジャパン(大阪府吹田市)は東南アジアに自生する樹木「カポック」の実の繊維を中綿に使うジャケットを米国で発売した。繊維が湿気を吸って発熱するほか、空気を含むため暖かいという。洋服や化粧品の製造過程で動物を犠牲にしない「クルエルティフリー」を支持する消費者が海外で増えているのに対応する。

米国向けの越境電子商取引(EC)サイトをこのほど立ち上げた。米国の消費者に受け入れられや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン