/

この記事は会員限定です

米衛星網への支援、交渉材料に 「思いやり予算」改定

[有料会員限定]

日米両政府は近く2021年度から5年間の在日米軍駐留経費(思いやり予算)の日本側負担を決める協議を始める。日本は米国が計画する小型衛星網などへの協力を交渉カードに負担増の回避を目指す。1年の暫定合意を結ぶ案もある。

日米の外務・防衛当局が週内にも審議官級協議をテレビ会議形式で開く。11月の米大統領選の結果を見極めた上で、年内の妥結を目標とする。

日本側は合意内容を12月に編成する来年度政府予算案に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン