/

この記事は会員限定です

訪日客関連そろり復活 百貨店や鉄道、先回り物色

証券部 秦野貫

[有料会員限定]

5日の東京株式市場は米景気対策への期待感から続伸した。投資家のリスク選好度が高まる中で新たなテーマに浮上してきたのが、インバウンド(訪日客)関連。コロナ禍で最も深刻な打撃を受け株高と無縁だった分野だ。国をまたがる人の移動が活発になるとの見立てだが、先回り買いの勢いはどこまで続くのだろうか。

5日に上昇が目立ったのは鉄道や百貨店など。JR東日本は一時前週末比4%高、J・フロントリテイリングは同5%高となるなど、日経平均(1%)を大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン