「廃線」大筋合意の日高線、新たな難題も浮上

2020/10/6 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2015年の高波被害で運休しているJR北海道の日高線(鵡川―様似間、116キロメートル)の廃止とバス転換が固まった。JR北海道が管内7町に支援金として25億円を提供する方向で基本合意したものの、新たな難題も浮上している。大破した廃線跡の護岸工事コストを誰が負担するかだ。

JR北と沿線7市町による会合は6日、新ひだか町で開かれる。議題はJR北海道による25億円の支援金を管理する組織と、高波被害で崩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]