/

この記事は会員限定です

ビックカメラ、営業益5割減 20年8月期 コジマは好調

[有料会員限定]

ビックカメラの2020年8月期の連結営業利益は100億円を上回ったもようだ。前の期に比べて5割減の水準だが、市場予想の平均(QUICKコンセンサス)の76億円を超えた。新型コロナウイルスの感染拡大で都心店が多いビックが振るわなかった一方、郊外店中心のコジマが好調だった。在宅勤務の増加が追い風となり、パソコンや周辺機器などが伸びた。

売上高は5%減の8500億円程度だったとみられる。6~8月のビック単体の売上高は前年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン