/

この記事は会員限定です

フジ「通期増収」見通し維持 食品好調、SC回復へ

[有料会員限定]

中四国でスーパーを展開するフジは5日、2020年3~8月期決算を発表し、通期では増収とする見通しを維持した。新型コロナウイルスの影響で消費者が外出を控える中、「巣ごもり需要」により食品は引き続き好調。総合スーパー(GMS)やショッピングセンター(SC)は上期苦戦したが、大型店の改装効果もあり回復を見込む。

フジの尾崎英雄会長は松山市内で5日開いた記者会見で「一番ボリュームの大きい食品が堅調で全体を支え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン