/

この記事は会員限定です

インド国鉄、運営を一部民営化へ 仏社など20社関心

[有料会員限定]

インド政府が国鉄の一部路線の運営を民営化する計画を打ち出した。第1段階として関心のある企業を7日まで募った後、入札を実施する。2023年から民営列車の運行を始める構想だ。仏アルストムなど外資を含む約20社が関心を示しているという。3000億ルピー(約4200億円)規模の民間投資をテコに、巨額赤字を抱える旅客部門の採算改善を目指す。

民営化は政府と企業が協力する官民パートナーシップ(PPP)方式を活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1756文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン