/

この記事は会員限定です

大阪都構想、政令市再編に波及も 2度目の住民投票へ

政令市廃止なら制度創設以来初

(更新) [有料会員限定]

「大阪都構想」の是非を問う11月1日の住民投票まで1カ月を切った。可決されれば、政令市が制度創設以来初めて廃止されることになる。都道府県と対立しがちな政令市のあり方は新型コロナウイルス対策でも課題だ。住民投票の結果は大都市制度の見直し論に波及する可能性もある。

「放置すれば医療崩壊を招く」。新型コロナの感染拡大が続いていた8月、大阪府の吉村洋文知事(大阪維新の会代表代行)は繁華街・ミナミの飲食店な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1400文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン