/

この記事は会員限定です

DCM・島忠、飽和市場で突き抜けるか

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

「プライベートブランド(PB、自主企画)商品のステージを上げる」。

ホームセンター業界2位のDCMホールディングスの石黒靖規社長は2日の記者会見で、7位の島忠を完全子会社化する意義をこう語った。これに対し、島忠の岡野恭明社長は「商品開発力、スケールメリットを生かす」と応じた。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

ホームセンター業界で相次ぐ再編劇。6月には業界10位前後のアークランドサカモトによる6位のLIXILビバの買収、そして今...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1686文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン