/

ひらまつ創業者、同社を提訴 業務契約巡り

フランス料理店を運営するひらまつは5日、創業者の平松博利氏が経営するコンサルティング会社がひらまつを訴えたと発表した。3日付でひらまつに訴状が届いた。原告はひらまつ総合研究所(東京・港)で、提供するコンサルティング業務をひらまつが一方的に解除し、契約内容に違反したと主張。ひらまつに未払いとする業務委託報酬など約12億4000万円の支払いを請求している。ひらまつは「訴訟提起は極めて遺憾。業績への影響は未確定」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン