/

この記事は会員限定です

1~6月の不動産投資額、首都圏が初の世界首位に

[有料会員限定]

国内の不動産が海外投資家から注目を集めている。新型コロナウイルスの影響で欧米や中国への投資が減るなかで、1~6月の首都圏への投資額は150億ドル(約1兆6千億円)と初の世界首位だった。大手町の大型オフィスビルなどを海外投資家が取得し、全体に占める海外比率は前年同期の6倍強に上昇した。

背景には世界的な金融緩和に伴うマネーの流入と、ネット通販の需要拡大がある。不動産サービス大手のジョーンズラングラサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン