/

山梨中央銀行、DX推進委員会を設置

デジタル化を全行横断的に推進することにした(甲府市の山梨中央銀行本店)

山梨中央銀行は銀行業務や顧客サービスのデジタル化を進めるため、「デジタルトランスフォーメーション(DX)推進委員会」を設置した。関光良頭取を委員長に経営企画担当常務らで構成。全行で意思統一を図り、横断的にデジタル化を加速する。行内で培ったデジタル化技術は顧客支援にも役立てる。

顧客サービスでは安全性を確保しながら、取引でのアプリ活用を増やす。法人向けの専用プラットフォームを用意し、顧客に合わせた情報提供や双方向でのやり取りを通じ、効果的・効率的な支援を進める。

銀行業務では、人工知能(AI)や、事務作業の一部を自動化するためのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入する。

同行ではこれまでに、銀行内の業務の照会にAIが自動応答する「チャットボット」を採用したほか、帳票の文字や数字をAIの画像認識技術を使ってデータ化している。今後は預金の照会結果の作成や決算の読み取りも自動化していく。

「銀行業務で実際に導入したデジタル化技術は顧客にも導入を提案する。顧客の生産性や競争力の向上を支援するなど、コンサルタント業務に役立てたい」(経営企画部)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン