/

ハーゲンダッツ、工場のある群馬応援キャンペーン

ハーゲンダッツジャパンは売り上げの一部を寄付するなど群馬県を支援するキャンペーンを始めた。「ハーゲンダッツ」のアイスクリーム工場があるのは世界で3カ国だけで、国内では群馬で生産している。コロナ禍の影響を受けている群馬を応援しようと企画した。

国内唯一の工場を置く群馬県に売り上げの一部を寄付する

キャンペーンは群馬県で同社の商品を販売するチェーン店を対象にして12月20日まで実施する。同社が国内工場を置く群馬県に寄付するキャンペーンは今回が初めてという。

今回のキャンペーンに関係する売り上げの一部について、新型コロナウイルス感染症の対応にあたる医療関係者への支援などに充てる群馬県の「県新型コロナウイルス感染症対策に係る寄付」に寄付する。

また、商品を購入した人には抽選で群馬にちなんだ招待券や特産品を贈呈する。万座プリンスホテル(群馬県嬬恋村)のペア宿泊券など3種で、招待券・特産品ごとに応募できる購入個数が異なる。

ハーゲンダッツのアイスクリームは1961年に米ニューヨークで誕生。現在では世界50カ国以上で販売されている。

日本法人のハーゲンダッツジャパンは84年に日本で販売を開始して以来、群馬県内の工場で商品を製造している。95年には日本に「R&Dセンター」を設立し、96年には抹茶のアイスクリームを発売した。日本で商品開発されて世界で販売される初のフレーバーとなった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン