/

この記事は会員限定です

首都圏自治体、「卒FIT」電力を有効活用 災害対策も

[有料会員限定]

固定価格買い取り制度(FIT)の期間を終えた「卒FIT電力」を買い取って活用する首都圏の自治体が増えている。再生可能エネルギーの余剰電力を地域で有効活用するほか、災害時に電力安定供給につなげる試みもある。再エネの「地産地消」に向けた取り組みが広がっている。

FITは家庭や企業が太陽光などで発電した電力を一定期間決められた価格で買い取ることを電力会社に義務付ける国の制度だ。通常より高く買い取ることで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン