/

製造現場の保守点検指南 AOC、金沢市に研修拠点

人材サービスのエー・オー・シー(AOC、金沢市)は製造現場で働く派遣社員らを対象にした技術研修拠点を金沢市に設けた。半導体工場のクリーンルームを模した部屋を設けるなど、現場に近い雰囲気で設備の保守点検を学べる。新型コロナウイルス禍にあっても高い技術力を必要とする保守点検の需要が根強いことに対応する。

「AOCテクニカルセンター」と名付けた研修拠点は、グループ会社が入っていた約170平方メートルの建物を改装した。さまざまな機械の仕組みを学ぶ訓練装置、半導体製造向け研修設備などを備える。投資額は約4800万円。大手家電メーカーOBら7人が講師を務める。定員は8人で、6週間にわたって240時間の研修を施す。キャリア向上を後押しする。

AOCの派遣社員は北陸や中部の製造業を中心に約1200人いる。研修拠点の受講者は今後1年間に約60人を予定し、3年後に年200人を目指す。同社と取引のあるメーカーの社員研修の会場としての活用も想定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン