/

この記事は会員限定です

経済学界が期待するノーベル賞の力

編集委員 前田裕之

[有料会員限定]

今年のノーベル経済学賞は米スタンフォード大学のポール・ミルグロム教授とロバート・ウィルソン名誉教授に授与されることが決まった。社会科学の中で唯一、ノーベル賞が設けられ、毎年の受賞者に世界が注目するのは、経済学界にとって大きな利点だ。過去の受賞者の顔ぶれを見て「なぜあの学者は受賞できなかったのか」と指摘する声はあっても、経済学賞の存在自体を批判したり、権威を否定したりする声は学界ではあまり聞かれない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2407文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン