/

この記事は会員限定です

氷見市が民間出身者起用 副市長はTBS、船井総研も

ウエーブ富山

[有料会員限定]

富山県氷見市が民間から公募した人材を活用している。副市長にTBS出身の篠田伸二氏(59)が就任したほか、商店街への店舗誘致や中小企業のコンサルティングも実務経験者が担う。外部の知見を生かし、停滞する地域経済を活性化する。受け入れた市役所は従来の行政にない発想や業務スピードへの対応が問われる。

「型を破るには型を知らなければならない」。篠田氏は1日に数十件の決裁をこなす一方、行政の制度や手続きを知ろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1609文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン