パリが育てた「プレタの旗手」 高田賢三さん(評伝)

2020/10/5 12:05 (2020/10/5 22:26更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染で4日、死去した世界的ファッションデザイナーの高田賢三さんは決して偉ぶらず、権威を嫌い、自由やユーモアをこよなく愛した。「僕は幾つになっても夢を追い続けるピーターパンなんですよ」と笑っていた。

作品のモチーフも常識にとらわれず、堅苦しい規則がなかった。夏物に使う木綿素材をあえて秋冬物に使ったり、違う柄同士や派手な原色を大胆に重ねたり……。いずれも西洋では「禁じ手」とみなされ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]