/

NEC、スイスの金融ソフト会社を買収 2300億円

海外でフィンテックに足場

(更新)
NECの持つ生体認証技術などとアバロクの技術を組み合わせて新サービスの開発を進める

NECは5日、スイスの金融ソフト大手、アバロクを所有する持ち株会社を買収すると発表した。約20.5億スイスフラン(約2360億円)で米ファンドなどから買う。アバロクは世界30カ国150社以上の金融機関向けにソフトウエアを提供している。NECは欧米で行政府や金融機関向けビジネスに力を入れており、買収で海外でのフィンテック事業に本格参入する。

NECの新野隆社長は5日のオンラインでの記者会見で「デジタル化は行政と金融で加速する。長期的な市場の成長が期待できる」と買収の狙いを語った。

2021年4月に買収を完了する。NECとしては過去最大の大型買収となる。アバロクの持ち株会社の19年12月期の連結売上高は約700億円で、約34億円の赤字だった。金融資産管理を中心としたソフトウエアビジネスに強みを持つ。今後はNECの持つ顔認証技術や人工知能(AI)、ブロックチェーン技術なども組み合わせて欧州を中心に市場を開拓する。

NECは海外企業のM&A(合併・買収)を進める方針を示してきた。18年には英国の中堅ITの買収やデンマークの行政向けITを取り扱う企業の買収を発表した。NECは業績の低迷に伴う事業構造改革にめどをつけ、買収により、遅れていた海外ビジネスで巻き返しを狙う。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン