/

この記事は会員限定です

「6G」へ官民で集中投資を 自民「中間まとめ」で提言

[有料会員限定]

自民党の新国際秩序創造戦略本部が策定した提言の「中間とりまとめ」は通信分野の競争力向上にも言及した。将来の通信規格「6G」に官民が集中投資し、世界初の製品化と国際標準化をめざすべきだと強調した。経済安全保障の推進に向けた投資を呼びかけた。

NTTNTTドコモを完全子会社化すると決めたのも、次世代通信規格「5G」での出遅れが一因とされる。

流通する情報量が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン