/

住宅ローンの完済年齢、なぜ上昇?

2020年10月5日の日本経済新聞朝刊1面に「住宅ローン完済年齢上昇」という記事がありました。住宅ローン「フラット35」を提供する住宅金融支援機構のデータを調べたところ、2020年度の利用者がローンの完済を計画する年齢は平均73歳でした。20年間で5歳上がっています。なぜ完済の時期が遅れているのでしょうか。

ここが気になる

1つ目の要因は晩婚化で持ち家を買うタイミングが遅くなっていることです。住宅ローン借入時の平均年齢は2000年代前半で37~38歳でしたが、20年度は40.4歳と高くなっています。2つ目は住宅価格の上昇です。低金利を背景に頭金を減らして多めに借りる傾向もあり、平均融資額は20年間で1900万円から3100万円に増えました。また、融資額が増えたことで返済期間が長期化したことも完済年齢の上昇につながっています。

「生涯現役」「70歳雇用」といわれますが、完済年齢が上がると年金生活が不安定になるリスクがあります。朝刊1面の記事によると、ある68歳男性は退職金が出なかったため返済計画が狂い、持ち家の売却先を探す日々だといいます。退職金が減少傾向となっていることもあり、60歳時点のローン平均残高は20年間で約700万円から1300万円超に増えています。

一方、貸し手の金融機関にとって住宅ローンは重要な収益源です。完済時の年齢上限を引き上げる金融機関もあり、ソニー銀行は85歳未満としています。私たち借り手側も無理のない返済計画かどうか、背伸びして借りすぎていないか吟味する必要があります。専門家は「遅くとも70歳までに返済できる計画を立ててほしい」と話しています。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は10月5日の朝刊1面を読んでみてください。
この記事をまとめた人:渡部加奈子
2015年入社。保育・女性活躍の取材を経て、コンテンツマーケティングを担当。数日前に引っ越したものの、カーテンがない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースを分かりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン