/

ゆうちょ銀、1400人情報流出か デビットカードmijica

ゆうちょ銀行は4日、デビットカード「mijica(ミヂカ)」の専用サイトが7月から9月に不正アクセスを受けた問題で、約1400人の顧客情報が流出した恐れがあると発表した。ミヂカでは同時期に332万円の不正送金被害が起きている。サイトから流出した顧客情報が送金に利用された可能性がある。

流出した恐れがあるのは顧客の漢字とカナの氏名、生年月日、デビットカード番号の下4桁、カードの有効期限。

ゆうちょ銀は不正アクセスの調査対象時期を広げ、新たな被害が判明した場合は全額補償するとしている。ミヂカの送金機能と専用サイトの運営は既に停止している。

ミヂカを巡っては9月、送金機能を悪用した被害が判明した。被害は8月以降に複数回にわたって起き、54人の顧客の貯金332万円が第三者に不正に送金された。ゆうちょ銀は9月16日に送金機能を停止。専用サイトの運用も10月3日に止めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン