医療品貿易でルール提起へ 外務省、囲い込み防止で

2020/10/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外務省は各国がマスクや防護服といった医療物資を囲い込むのを防ぐため、2021年度に国際ルールの提起に向けた調査・研究を始める。新型コロナウイルスの収束後をにらみ、世界貿易機関(WTO)などで呼びかける。

自由貿易を推進する立場から、パンデミック(世界的大流行)時に各国が協力態勢をとりやすくし、保護貿易に陥るのを防ぐ重要性を訴える。

新型コロナの感染拡大を受け、4月までに米中や欧州連合(EU)など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]