/

この記事は会員限定です

[社説]対ロ外交もっとしたたかに

[有料会員限定]

菅義偉首相がプーチン・ロシア大統領と初めて電話で協議した。対ロ外交の最重要課題が北方領土の返還であることは変わらない。戦後外交の総決算を唱えた安倍晋三前首相でもなし遂げられなかった難題であり、腰をすえて取り組んでほしい。

菅首相は「平和条約締結を含む日ロ関係全体を発展させたい。北方領土問題を先送りさせず、終止符を打ちたい」などと伝えた。

一方、ロシア大統領府の公式発表では「ロ日関係を全範囲で前進さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン