/

この記事は会員限定です

植物肉「普及元年」に コロナ契機に消費者選好

ウォルマート、扱い拡大 企業研究、政府が支援

[有料会員限定]

大豆など植物由来の成分でつくる「植物肉」の普及が加速してきた。新型コロナウイルス禍を契機に消費者の意識が変わってきた。米小売り最大手ウォルマートなど流通企業が取り扱いを拡充し、国内外の外食企業でもメニュー投入が相次ぐ。食品大手や新興企業も商品開発を強化し政府の後押しも広がる。2020年は植物肉の「普及元年」となりそうだ。

植物肉は米スタートアップのビヨンド・ミートやインポッシブル・フーズの躍進が顕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1055文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン