/

この記事は会員限定です

外交、貢献の姿勢を 日本電産会長兼CEO・永守重信氏

改革The論点 新政権に望む(4)

[有料会員限定]

米中ハイテク摩擦が激しさを増すなか、菅義偉政権の対米、対中外交の重みが増す。米国や中国で幅広く事業を展開する日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)は対米、対中でもバランスを取った安倍晋三前政権の路線継承に期待を込める。

――米中対立がハイテク分野にも広がり、日本の製造業への影響も懸念されます。菅新政権に外交面で望むことは。

「安倍前首相は米国とも中国ともきちんと付き合うスタンスを取って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン