/

空港でのコロナ検査、1日2万件に倍増へ 厚労相

田村憲久厚生労働相は3日、国際空港での新型コロナウイルスの検査能力を1日2万件に倍増する方針を示した。現在は成田、羽田、関西国際の各空港で計1万件程度で、今後は新千歳や中部、福岡などの地方空港も含めて全国で拡充する。羽田空港の検疫現場を視察後に記者団に語った。

政府はビジネスや留学目的の中長期滞在者の入国を緩和した。入国者は空港で唾液を使った抗原検査などを受ける必要がある。日本の国際空港で検査を受ける人の数は現時点では1日2千件程度にとどまっているが、今後増えていく見通しだ。

厚労省は検査機器や検疫職員の拡充、検査結果を待つための待機場所の確保を急ぐ。地方の国際空港での外国人の受け入れは地元自治体の判断に左右される面があり、田村氏は調整を進める考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン